カード審査とカードローン

家賃等家計がどんどん圧迫し即日融資でお金を借りました。

フリーターをしていた頃、仕事場で急に体調が悪くなり、暫くは休憩室で休んでいたのですが、寒気や脂汗などが止まらず、体調は悪くなる一方だったので上司が見かねて、病院に連れて行ってくれました。
病院に行って、診察を受けた結果、盲腸と診断されそのまま手術し入院となりました。
毎日の生活にはそんなに困ってはいなかったのですが、医療保険にも入っていませんでしたし、急な入院ともなると治療費や着替え等、当時の私には痛い出費でした。
なんとか病院代は支払えたのですが、入院の間はバイトのお給料も出ない上、一人暮らしをしていたので、退院後も家の家賃等家計がどんどん圧迫し、両親に借りる事も考えましたが、心配させたくない思いが強く、少し抵抗はありましたが消費者金融でお金を借りました。


審査が緩いカードローンなら安心

銀行系のカードローンは審査が厳しい場合が多いのですが、消費者金融系のカードローンでしたら、審査が比較的緩くなっているので、ブラックリストに載っている等のことがない限り、審査に通ることができるはずです。
また、転職して勤続年数が1年未満という方もいらっしゃいますが、銀行系でお金 借りるのは勤続年数も重視されてしまうので、1年未満ですと審査に落ちてしまう可能性があります。
しかし、消費者金融系のカードローンは安定した収入があればパートやアルバイトでも審査に通ることもあり、転職したばかりの方でも安心です。
ただし、審査に通りたいからといって嘘の申告をしてしまうと、信用度が落ちて借りられなくなってしまうので、必ず本当のことだけを申告することが大切です。